その他

ドラマで学ぶ中国語~流氓蛋糕店 ”听不懂”を台湾語では?長澤まさみが中国語を!

”听不懂”(tīng bù dŏng)

中国語を学習している方なら、初段階で覚える言葉 ”听不懂”(tīng bù dŏng)。「(聞いて)意味がわからない」という意味ですね。

今回は、あの”長澤まさみ”さんと、藍正龍(ラン・ジェンロン)主演の台湾ドラマで、長澤まさみさんがセリフとして話していた台湾語(台语)を確認していみようと思います。

日本語タイトルは、『ショコラ~流氓蛋糕店』で、2014年~2015年くらいに放送されたドラマです。

まずは、中国語を聞いていただきましょう。

1分42秒~1分50秒までです。

男:藍正龍  :”听得懂吗?”「わかるかい(聞き取れるかい)?」
女:長澤まさみ:”听不懂”「わからない(聞き取れないわ)」

この長澤まさみさんが話している言葉を日本語で書くと、「てぃあぼー」。これが、台湾語で「聞き取れない、聞いて理解できない」という意味になります。

台湾に旅行に行く方は、この言葉を覚えておいて、夜市などで聞き取れないときに使ったら、びっくりされますよ

例えば、東京で外国人に道をたずねられて、日本語で応えたときに、外国人に日本語で「わかりません」と言われたら、一生懸命に日本語を勉強しているんだなぁと、嬉しくなると思います。

もしも、このときに、外国人に日本語で「わからへんわぁ~」「わからんけん」「わからんちゃ」などのように言われたら、思わず、にこっと笑ってしまいますよね。

そういう感じだと思います。ぜひ、台湾語を一言でも二言でも覚えてみましょう。

最後に、もう一つ台湾語を書いておきます。

例えば、バスに乗っていて、自分が降りたいけど、人がたくさんいてどいてほしい、「ちょっとすいません」というときは台湾語で「ぱいせー、ぱいせー」と言います。

やはり、台湾の方は、びっくりして、ニコニコしてくれると思いますよ。

尚、この台湾ドラマ『ショコラ~流氓蛋糕店』は、Amazonプライム・ビデオ
でも、見ることができますよ。

または、DVDを購入して、何度も繰り返し見て学習もオススメです。

ちなみに、日本語の「ちんぷんかんぷん」の語源として、「听不懂(tīng bu dǒng)聞いてわからない」+「看不懂(kàn bu dǒng)見てわからない」から来ているという説もあるそうです。

しかし、この説は後づけともいわれていますが、中国語を学習している身としては、この説を信じたくなります。

ところで、
YouTubeでも、「台湾語」とか「台语」で検索すると、簡単な挨拶講座を配信しているYoutuberさんがたくさんいます。

代表として、日本人YouTuberのSAYURINさんの動画【台湾旅行の簡単台湾語】台湾人にウケる!?ネイティブから学ぶ10個の台湾語 日本朋友必看!一起學台灣旅遊好用的台語 Let’s learn Taiwaneseを掲載しておきます。

台湾語を少しでも覚えて使ってみたいという方は、参考になると思いますよ。

ドラマで中国語を学ぶことに興味のある方は、ドラマで学ぶ中国語~我的男孩 ”放鸽子”fànggēziもご覧ください。

ABOUT ME
minhe
30代後半の2008年、1週間の一人旅で初めて台湾へ行く。会う人みんな親切、かつ、この年に北京オリンピックがあったこともあり、中国語を勉強することを決意。仕事で使う機会なし、あくまでも趣味。2010年に中国語検定3級合格。その後、台湾の友人もたくさんできてSNSで交流しながら、あまり勉強せず。2018年くらいから、中国語学習を再開。2019年にHSK5級に合格。今後は、HSK6級と中国語検定2級を目指して、中国語ブログを通して中国語勉強関連のニュースを発信します。