その他

【中国語のピンイン変換】word編:ワードのルビ機能でピンイン変換できる

投稿日:2021年4月6日 更新日:

【中国語のピンイン変換】word編:ワードのルビ機能でピンイン変換できる

中国語を勉強していて漢字をピンインに変換する良い方法はないか?と思ったことはありませんか?

実は、windowsの多くのパソコンに入っているWord(ワード)を使ってピンイン変換できるんです!

事務のお仕事をされているたくさんの人が利用しているWord(ワード)やExcel(エクセル)の、あのWord(ワード)です!

まずはピンインを振った次の最終結果の画面を確認してみましょう

Word(ワード)を使って中国語の漢字をピンイン変換すると、以下のようになります。

今回は、この手順を順を追って確認してみます。

Word(ワード)を使ってピンイン変換!

【手順①】 word(ワード)に中国語の文章を入力

実際に、中国語の文書を入力する場合もあると思いますが、コピー&ペーストで中国語の文書をWord(ワード)に貼り付けましょう。

次に、ワード上の中国語の文を選択します。(選択した部分が次の図のように黒くなりますね。)

さらに、上部にある[校閲 ⇒ 言語 ⇒ 校正言語の設定]を選択すると、次の図の画面のように[言語の選択]が表示されるので「中国語」を選択しておきましょう。

【手順②】ルビ機能を使ってピンインを振る

次の図のようにWordの上部の[ホーム]を選んで、[ア亜]をクリックしましょう。

真ん中に大きく[ルビ]機能の画面が表示されます。

上部の図を参考にして、真ん中の配置は[中央揃え]を選んでおくのがオススメです。このほうが綺麗に見えます。

【手順③】完了!

ルビ機能を使う場合のワンポイントアドバイス

ピンインの文字サイズを変更するだけで、見やすくなります。

以下は、サイズ10とサイズ18を比較したものです。見やすいサイズに変更して使ってみてください。

ところで、インターネット上のサイトを使って、ピンイン変換している人も多いと思います。

実は、私もインターネット上で、簡体字ピンイン変換などを利用してピンイン変換することも多いです。

しかし、利用していて困る点が以下の部分です。

上記の図を見ていただくとわかるように、
例えば、以下のように一つの漢字で、多くのピンインが対応する場合は、全部のピンインが表示されます。

校:jiào/xiào
的:de/dí/dì
和:hé/he/huo/hè/hú/huó/huò
着:zhe/zhuó/zháo

この点は、ピンイン変換するときに困りますね。

しかし、今回のワード(Word)を使ったピンイン変換の場合は、かなり正確に、一つに絞りこんで変換してくれるので中国語学習者にとって助かります。

ぜひ、パソコンを使っている人は試してみてください。

-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【SnowMan】目黒蓮の中国語自己紹介!WEIBOを全文翻訳して勉強!#SnowMan

目次1 【SnowMan】目黒蓮の中国語自己紹介!WEIBOを全文翻訳して勉強!#SnowMan1.1 目黒蓮さんの話す中国語1.1.1 目黒蓮さんの話す中国語動画1.1.2 目黒蓮さんの話す中国語全 …

【中国語学習】SNSでバズった誤訳!マスクは”口罩”!変な日本語?変な中国語?

目次1 【中国語学習】SNSでバズった誤訳!マスクは”口罩”!Web翻訳はまだ未熟!変な日本語?変な中国語?1.1 どこが誤訳なのか?1.2 この機会に中国語の単語学習!1.3 外国でみつけた変な日本 …

ドラマで学ぶ中国語~流氓蛋糕店 ”听不懂”を台湾語では?長澤まさみが中国語を!

”听不懂”(tīng bù dŏng) 中国語を学習している方なら、初段階で覚える言葉 ”听不懂”(tīng bù dŏng)。「(聞いて)意味がわからない」という意味ですね。 今回は、あの”長澤まさ …

MISIAが中国の有名歌番組”歌手”に出演し中国語で魅了!misiaへの中国の反応とは?

MISIAが中国の有名歌番組”歌手”に出演し中国語で魅了!中国の歌番組に出演した全場面を振り返る!misiaの歌声を聞いた中国人の表情を見るだけで、misiaの5オクターブの歌声が国境を越えて人々を魅了することがわかりますね。

【中国語は難しいのか?】中国語が難しいと言われる理由を考察!

中国語の難しさとは?「発音(四声)」「単語(文節)の区切り」「漢字」の3つの面から検証してみましょう。

minhe(ミンフ)です。独学で中国語学習。どこまで中国語力を伸ばせるかのチャレンジblogです。中・英・日のトリリンガルへ!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。