ディーンフジオカ 中国語学習 芸能人

【ディーンフジオカ】日本学問大前進日本01/台湾記事で学習 #藤岡靛の中国語教室

投稿日:2020年5月28日 更新日:

【ディーンフジオカ】日本学問大前進日本01/台湾記事で学習 #藤岡靛の中国語教室

この文字が赤字になっていない方は、一度、こちらをクリックしてリロードしてみてください。または、ブラウザで開いてみてください。

ディーンフジオカさんのファンの方に、この MINHE BLOG をTwitterで、たくさんリツイートしていただいたおかげで、私の想像を超える多くの方にブログ記事を読んでいただき感謝感謝です!本当にありがとうございます。

自分自身のための中国語の勉強が、ほんの少しだけでも誰かの役に立つことがある。それならば、もっと役に立てることはないのか?と考え『新シリーズ』を勝手に考えました。

海外のインターネットサイト(ブログ記事等を含め)では、どのように紹介されているのか!というシリーズです。

インターネット上の記事は、科学技術の進歩により、ある程度翻訳できるようになっていますが、やはり原文と日本語訳された部分の対応を知りたい。
例えば、外国の作家が書いた本が日本語に翻訳されて出版されています。
言語学習中の方に、少しでも役に立つと思うので、とりあえず、やってみようと思います。

つまり、ネット記事版?ブログ版?翻訳をやってみようと思います。

もちろん、出版もしないし、無料でのブログ公開なので、元記事のリンクを貼るようにします。

必ず最初に、元のサイト記事をご覧ください。

今回は、こちら ☞ 引用:「日本学問大前進日本(日本へ行こう)」
http://japan.videoland.com.tw/channel/gotojapan/play2-01.asp?sno=254

まずは、ディーンフジオカさんが以前住んでいた台湾! 台湾のインターネットサイトには、ディーンさんの記事がたくさんあるはず!そこで、第1弾として、「日本学問大前進日本(日本へ行こう)」というサイトから、ディーンフジオカさんの記事を翻訳しながら、中国語の勉強をしようと思います。

引用:「日本学問大前進日本(日本へ行こう)」
http://japan.videoland.com.tw/channel/gotojapan/play2-01.asp?sno=254

サイトのリンクを必ず貼ります。しかし、写真の拝借は良くないと考え、この記事を読んでいただける方は、実際の元ネタのサイトを必ず確認してください。写真も豊富に使用されています。もと記事のほうが良く書かれております。(当たり前ですね)

こちらのブログでは、別の写真を代わりに掲載し、中国語勉強の素材として使わせていただくようにします。

❤藤岡靛❤ 也著迷!『無麩質美食』餐廳

「(日本語訳)❤ディーンフジオカ❤も魅了された!『グルテンフリー食物』レストラン」

著迷:zhù mí 
「うっとりさせる,うっとりに魔法をかける,魅了される」
無麩質美食:wú fū zhì mĕi shí
「グルテンフリー食物」

第1段落

文:Dona
聽過「無麩質飲食」嗎?這個風靡歐美的飲食法,近年來也悄悄吹向日本,但老實說要不是我們的名偵探─藤岡靛,特派員還真不知道它到底什麼玩意兒XD

tīng guò wú fū zhì yǐn shí ma?zhè gè fēng mí ōu mĕi de yǐn shí fǎ,jìn nián lái yĕ qiāo qiāo chuī xiàng rì bĕn,dàn lǎo shí shuōyào bù shì wŏ men de míng zhēn tàn téng gāng diàn,tè pài yuán huán zhēn bù zhī dào tā dào dǐ shén me wán yì ér XD

「グルテンフリー食物」について聞いたこと がありますか?欧米で人気のあるこの飲食法は近年静かに日本に影響を及ぼしましたが、正直なところもしも我々の名探偵ディーンフジオカ氏でなければ、特派員はそれが一体どんなものなのか本当に知りませんでした。(笑)

【単語】
风靡:fēng mǐ「一世を風靡(ふうび)する」
悄悄:qiǎoqiǎo「ひそかに、こっそり、静かに」
吹向:chuī xiàng「~に風が吹く」
要不是:(=要+不是)「もし…でなかったら」
玩意兒/玩意儿: wányìr 「おもちゃ、もの」

第2段落

藤岡靛曾多次在訪談中提及,由於自己天生對麩質過敏舉凡拉麵、披薩、麵包、蛋糕等各種用麵粉製成的含麩質食物,

téng gāng diàn céng duō cì zài fǎng tán zhōng tí jí,yóu yú zì jǐ tiān shēng duì fū zhì guò mǐnjŭ fán lā miàn、pī sà、miàn bāo、dàn gāo dĕng gè zhŏng yòng miàn fĕn zhì chéng de hán fū zhì shí wù,

ディーン・フジオカさんは何度もインタビューで、自分が生まれつきのグリテン(小麦やライ麦などの穀物関連)アレルギーのため、総じてラーメン、ピザ、パン、ケーキなど、小麦粉から作られたグルテンを含む各種の食べ物について言及しました。

【単語】
過敏:guò mǐn「アレルギー」
举凡:jǔfán 「〈書〉およそ、総じて、(列挙の前に用いる)」
披薩:pī sà「ビザ、ピッツァ」
麵粉:miàn fĕn「小麦粉」

第3段落

他全都敬謝不敏,因此無麩質食物就順理成章成為他的飲食來源。

tā quán dōu jìng xiè bù mǐn,yīn cǐ wú fū zhì shí wù jiù shùn lǐ chéng zhāng chéng wéi tā de yǐn shí lái yuán

彼は全部丁重にお断りしてました。それで、グルテンフリーが彼の飲食物の源になっているわけですね

【単語】
敬谢不敏:jìng xiè bù mǐn〈成語〉「(自分にはとてもできないので)謹んでお断りいたします」
顺理成章:shùn lǐ chéng zhāng〈成語〉「筋が通ればおのずとよい文章ができる.物事が道理にかなっていること」

第4段落

如果各位跟藤岡靛有相同體質,或是不確定自己是否也是麩質過敏兒,去日本旅遊時,就把這幾家餐廳列入口袋名單吧~^_<

rú guŏ gè wèi gēn téng gāng diàn yŏu xiāng tóng tǐ zhì,huò shì bù què dìng zì jǐ shì fŏu yĕ shì fū zhì guò mǐn ér,qù rì bĕn lǚ yóu shí,jiù bǎ zhè jǐ jiā cān tīng liè rù kŏu dài míng

もし皆さんがディーン・フジオカさんと同じ体質を持っていたり、自分もグルテンアレルギーかどうか不明ならば、日本に旅行に行く時は、このいくつかのレストランをポケットに入れてください(リストにいれておいてください)

【単語】
相同體質:xiāng tóng tǐ zhì「同じ体質」
列入:liè rù「…の中に並べる、…の中に入れる」

第5段落

💡《麩質小知識》
又稱謂麩質蛋白,是存在於大麥、小麥、黑麥等麥類穀物中的蛋白質,對其過敏的人食用後,身體會產生發炎反應如腹瀉脹氣、嘔吐、皮膚發癢喉嚨腫痛、呼吸困難等不同症狀。

《fū zhì xiǎo zhī shì》
yòu chēng wèi fū zhì dàn bái,shì cún zài yú dà mài、xiǎo mài、hēi mài dĕng mài lèi gŭ wù zhòng dì dàn bái zhì、duì qí guò mǐn de rén shí yòng hòu,shēn tǐ huì chǎn shēng fā yán fǎn yìngrú fù xièzhàng qì、ŏu tù, pí fū fā yǎnghóu lóng zhŏng tòng、hū xī kùn nán dĕng bù tóng zhēng zhuàng。

『グルテンの豆知識』
また、グルテンたんぱく質とも呼ばれ、大麦、小麦、黒麦などの穀物に存在するタンパク質で、アレルギーのある人は食べた後、下痢膨脹ガス、嘔吐、皮膚のかゆみ喉の腫れ、呼吸困難などの症状があります

第6段落

有些患者由於症狀較輕微,因此沒察覺出自己對其過敏,長期下來恐會對身體健康產生影響。

yŏu xiē huàn zhĕ yóu yú zhēng zhuàng jiào qīng wēi,yīn cǐ méi chá jué chū zì jǐ duì qí guò mǐn,cháng qī xià lái kŏng huì duì shēn tǐ jiàn kāng chǎn

患者の中には症状が軽いため、自分自身のアレルギーに気づかず、長期的には健康に影響を与える恐れがあります。

記事翻訳の感想

 YOUTUBE上の動画限定で翻訳するよりも、インターネット上の記事まで範囲を広げたほうが、海外のファンの方の書いたブログなども含めて素材が多々あると考えました。そこで、第1回として、この台湾の記事を選定して中国語学習をしてみました。

感想としては、

・難しい。現時点で、自分のレベルを超えている文章。
(記事の内容が、食べ物関係なので、自分にとって難しい)

・台湾の記事のため、繁体字で書かれていることから、ちょっと難しい。
(日本で中国語学習をすると、どうしても簡体字を使った学習本がほとんどです)

という状態でした。しかし、辞書片手に、単語を調べながら訳すことですごく勉強になりました。ある程度、意訳している部分もありますが、日本語訳が全く違っているぞ!など叱咤激励いただける方がいましたら、コメントいただけると嬉しいです。すぐに修正します。

次回以降は、この記事の続きである以下の文章を訳していこうと思います。
(内容は、ディーンフジオカさんが、東京都内のベトナム料理店を訪れたときの内容です)

中国語学習をしている方は、ぜひ読んでみてください。わかる単語を見つけるだけでも勉強になります。

★ PhoOishii ★

這間越菜餐廳是藤岡靛的愛店❤經常能在他的官方IG上看到美食打卡照,甚至還帶好友一起去品嘗。
河粉以米製成,是他少數能品嘗的麵類料理,對越南牛肉河粉他更是情有獨鍾,已經吃到堪稱專家等級,曾出國造訪過的城市哪裡有好吃的河粉,他都如數家珍。
而這間餐廳是日本某綜藝節目帶他去光顧的,一吃覺得味道可以再加強的他,居然在節目中明確指導店家要如何改進餐點調味,結果成功讓店家來客數狂飆,業績也因此暴增。經他「調教」過的特別版河粉,也從期間限定餐點變成固定菜單,河粉專家當之無愧。

★ Gluten Free T’s Kitchen ★

這間同樣是藤岡靛多次訂餐消費的愛店❤如同其店名「Gluten Free (意為無麩質)」,店內所提供的餐點以不含麩質成分的料理為主,是全亞洲第一間榮獲麩質不耐症團體(The Gluten Intolerance Group) 認證的無麩質餐廳。
像是一般會使用到麵粉的鹹食:炸雞塊、天婦羅、煎餃、拉麵、炒麵、義大利麵,就連餅乾、蛋糕、鬆餅等甜點類,店家也通通以米粉等其他無麩質食材取代麵粉來烹調。從東方到西方,各種料理應有盡有,重點是美味程度還完全不減,是不是很!神!奇!簡直是麩質過敏兒的救世主啊XD

引用:「日本学問大前進日本(日本へ行こう)」
http://japan.videoland.com.tw/channel/gotojapan/play2-01.asp?sno=254

尚、上記のサイトでは、台湾の方向け記事のため、台湾の方が日本に遊びに来た時にオススメのお店をいくつか紹介していますが、上記3つまでがディーンフジオカさんの登場する記事紹介なので、「日本学問大前進日本(日本へ行こう)」については、3回に分けて、紹介させていただきます。

この記事が参考になった!この記事が気に入った!または、このシリーズをもっと記事書いて!という方!応援してくれる方がいましたら、以下、Twitterをリツイートや、[いいね]を押してもらえたら励みになります。

この記事に興味を持たれた方は、続きの第2回は以下の記事となります。もしよかったらご覧ください。

-ディーンフジオカ, 中国語学習, 芸能人

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【中国語検定3級レベル】YOUTUBEで中国語文法の勉強!日本語解説による中検対策おすすめ講座!

目次1 【中国語検定3級レベル】YOUTUBEで中国語文法の勉強!日本語解説による中検対策おすすめ講座!1.1 YOUTUBE 青島日美外語専修学校1.1.1 初中級 講義一覧1.1.2 中級 講義一 …

中国語検定3級 第95回 第2問後半 過去問無料解説”道路を横切る”は中国語で何という?

目次1 中国語検定3級 第95回 第2問後半 過去問無料解説”道路を横切る”は中国語で何という?1.1 問題編1.2 解説編1.2.1 (6)解説編1.2.2 (7)解説編1.2.3 (8)解説編1. …

ドラマで学ぶ中国語 :一度見たらやめられない『白夜追凶』”你搞什么名堂你?”

”你搞什么名堂(你)?” ”你搞什么名堂(你)?”(nǐ gǎo shén me míng táng (nǐ)) 「おまえは何をしでかそうというのか?」「お前は何をやってるんだ!」という意味の言葉です …

中国語検定2級 第82回 第2問 後半 過去問無料解説”默默无闻”とは?

目次1 中国語検定2級 第82回 第2問 後半 過去問無料解説”默默无闻”とは?1.1 中検2級 第82回 第2問 問題1.2 中検2級 第82回 第2問 (6)「脸色」解説1.3 中検2級 第82回 …

中検2級_HSK5級単語テスト10346_353

中検2級_HSK5級単語テスト10346_353 選択肢の中から、正しいものを選んでください。 尚、このページを読み込むたびに、選択肢はシャッフルされます。 【注意事項】○×の画像が最初から表示されて …

minhe(ミンフ)です。独学で中国語学習。どこまで中国語力を伸ばせるかのチャレンジblogです。中・英・日のトリリンガルへ!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。