その他

中国語は数字「520」「5201314」で愛の告白ができる!数字語呂合わせの意味は?

中国の友達とチャットしていて520,5201314と数字が送られてきたけど、どういう意味なの?
それは、愛の告白だよ!

日本では数字を使った語呂合わせがたくさんあります。

例えば、学生が歴史年表を覚えるときによく使われるものとして、日本への仏教伝来の年号は…

【538年】仏教が百済(くだら)から日本に伝わる
【語呂合わせ】百済の仏に、ご参拝(538)。

さらに、10円玉に描かれている平等院鳳凰堂が建てられた年号は…

【1053年】藤原頼通により平等院鳳凰堂(阿弥陀堂)が建立
【語呂合わせ】人混み(1053)あふれる、鳳凰堂。

など、語呂合わせを利用することが多々あります。

中国でも同じように数字と音を関連づけて語呂合わせすることが多々あるのですが、ここでは「520」「5201314」の意味を確認します。

中華系YOUTUBERのレイレイさんが、520について詳しく説明しているので、まずはこちらをみてみましょう。

520の意味とは?中国語では告白!?

520の意味は?

中国語で520の数字の読み方(ピンイン)は、520(wǔ èr líng)です。

これは中国語の「我爱你(愛しています)」と発音が似ているのです。発音は wǒ ài nǐ です。

520 = wǔ èr líng
我爱你= wǒ ài nǐ

実際に、音を聞き比べて見ましょう。

[音の聴き比べ]
我爱你、5 2 0、我爱你、5 2 0
中国語で交互に発音しています。

発音が似ていることからインターネット上では、「520=告白の日」として広まり、今では若者の間で、5月20日は「告白」や「結婚をする日」として定着しています。

日本では11月22日が「いい夫婦」という語呂合わせにもなり、結婚式をあげる人も多いですね。

また、中国のLINEとも呼ばれているWechat(微信)上では、ご祝儀を贈ることも人気となりました。520にちなんで520元(≒10,238円/2022年5月のレートで1元=19.7元で計算)をプレゼントしたりします。

日本に例えるならば、バレンタインで友達同士でチョコを贈り合うような感じです。ただし、友達に520元(≒10,238円)をあげるのは少し高額なので、気兼ねないように友達には5.2元(≒102円)を贈りあい、この日は520という数字が飛び交います。

中国語を学習されている方で、中国の人とチャットする機会があれば、「5月20日って告白の日なの?」と質問したら、「良く中国のこと知ってるね」と話が弾むこと間違いなし!

【中国語】数字を使ったネットスラングで勉強!520,233,88,666の意味とは? SNS(ソーシャルネットワーク)を利用していると、投稿に中国語圏の方がコメントしている中で、数字が書き込まれ...

1314の意味は?

1314の数字の理由は、1314「一三一四(yī sān yī sì)」「一生一世(yì shēng yí shì)」の中国語の発音が同じであることから語呂合わせとして使われています。恋人と一生ずっと未来を歩んで行きたいという意味になります。

一三一四 = yī sān yī sì(1314)
一生一世 = yì shēng yí shì(一生涯)

[音の聴き比べ]
1314, 一生一世, 1314, 一生一世
中国語で交互に発音しています。

5月20日、5月21日は何の日?

520という数字に合わせて、5月20日が特別な日になっています。

5月20日は男性が女性、
5月21日は女性が男性
にプレゼントを渡す日です。

日本でいうバレンタインと、ホワイトデーのようなものと考えるとわかりやすいですね。

520台のドローンで羽生結弦選手へ愛を告白!

日本の東京オリンピックの開会式でもドローンを使って空中に絵を描かれたことを記憶している人も多いのではないでしょうか?

実は、2022年、北京冬季五輪の各種競技で連日華々しい試合が続く中、広東省広州市内を流れる珠江に浮かぶ二沙島(にさとう)で2022年2月14日の夜、520台のドローンを使って、空中にフィギアスケートの羽生結弦選手が描かれました。

上記の動画では、0分16秒あたりで登場します。この520台のドローンの数がポイントです。ここまで記事を読まれた方は、単にドローンで人物を描かれている凄さだけではなく、使われたドローンの数にも意味が込められていることを知ることができますね。

520や1314以外にも、数字を使った中国語表現がたくさんあります。

興味のある方は、「中国語ネット用語 数字編」の記事で詳しく解説しています!

【中国語】数字を使ったネットスラングで勉強!520,233,88,666の意味とは? SNS(ソーシャルネットワーク)を利用していると、投稿に中国語圏の方がコメントしている中で、数字が書き込まれ...
ABOUT ME
minhe
30代後半の2008年、1週間の一人旅で初めて台湾へ行く。会う人みんな親切、かつ、この年に北京オリンピックがあったこともあり、中国語を勉強することを決意。仕事で使う機会なし、あくまでも趣味。2010年に中国語検定3級合格。その後、台湾の友人もたくさんできてSNSで交流しながら、あまり勉強せず。2018年くらいから、中国語学習を再開。2019年にHSK5級に合格。今後は、HSK6級と中国語検定2級を目指して、中国語ブログを通して中国語勉強関連のニュースを発信します。
中国語検定4級の過去問解説一覧!


中国語検定4級の過去問を徹底解説!
中国語検定受験者は過去問をチェックして得点力アップ!
随時更新中です!

中検4級の過去問解説一覧