中国語検定3級

中国語検定3級 第56回 第3問後半 過去問無料解説

中国語検定3級 第56回 第3問後半 過去問無料解説

筆記問題の第3問後半。語順整序問題です。

なお、別の受験回で勉強したい方は、中検3級の過去問一覧をご覧ください。

問題編

まずは、問題を一通り見て考えてみてください。解答・解説は、後半に掲載します。

(6)~(10)について、与えられた日本語の意味になるように、それぞれについて示してある①~④の語句を並べ替えとき、[*]内に位置するものはどれか、その番号を解答欄にマークしなさい。

(6)わたしは昨日王さんに電話を1回かけました。
我昨天给小王[ ][ ][*][ ]。

① 打
② 电话
③ 一次
④ 过

(7)先生はわたし達にあまり本文を暗唱させません。
老师[ ][ ][*][ ]。

① 让
② 背课文
③ 我们
④ 不常

(8)あなたは中国語の放送を聞いて理解することができますか。
你听[ ][ ][*][ ]吗?

① 听
② 得
③ 懂
④ 中文广播

(9)あなたはいつ日本に来たのですか。
你[ ][*][ ][ ]的?

① 什么时候
② 来
③ 日本
④ 是

(10)わたしは1日に英語を2時間勉強します。
我[ ][ ][*][ ]。

① 英文
② 学
③ 两个小时
④ 一天

中検3級過去問解説一覧中国語検定3級過去問 無料解説一覧 中検2級一覧はこちらへ! 中検4級一覧はこちらへ! 中検3級過去問一覧 ...

解説編

(6)解説編

(6)わたしは昨日王さんに電話を1回かけました。
我昨天给小王[ ][ ][*][ ]。

① 打
② 电话
③ 一次
④ 过

【正解】③ 一次
我昨天给小王打过一次电话。

wǒ zuótiān gěi xiǎo wáng dǎguò yīcì diànhuà.

”过”は、動作が終わったことを表し、動詞”打”の後ろにつけて、”打过”と表します。

この問題の最大のポイントは、数量表現(1回)をどこに入れるかです。
これは目的語の種類によって変わるのですが、目的語が”电话”のような一般名詞のときは、
「動詞+回数+目的語」となります。

つまり、
「動詞”(打过)”+回数”(一次)”+目的語”(电话)”」
の語順になることに注意しましょう。

詳しくは、【数量補語】中国語文法講座!「目的語と数量補語」の語順3パターンをまとめて解説!の記事でまとめて解説しています。

【数量補語】中国語文法講座!「目的語と数量補語」の語順3パターンをまとめて解説!【数量補語】中国語文法講座!「目的語と数量補語」の語順3パターンをまとめて解説! 中国語の語順整序問題や作文で...

(7)解説編

(7)先生はわたし達にあまり本文を暗唱させません。
老师[ ][ ][*][ ]。

① 让
② 背课文
③ 我们
④ 不常

【正解】③ 我们
老师不常让我们背课文。

lǎoshī bù cháng ràng wǒmen bèi kèwén.

”让”を用いた使役表現において、
”不常(あまり…しない)”や”不”(否定の意味)などの否定は、”让”の前におきます。

(8)解説編

(8)あなたは中国語の放送を聞いて理解することができますか。
你听[ ][ ][*][ ]吗?

① 听
② 得
③ 懂
④ 中文广播

【正解】② 得
你听中文广播听得懂吗?

nǐ tīng zhōngwén guǎngbò tīng dé dǒng ma?

この文は前後の二つに分けて、
你听中文广播/听得懂吗?
と考えてみましょう。

你听中文广播(あなたは中国語を聞いて)/听得懂吗(聞き取れますか)?
と考えるとわかりやすいですね。

文の書き出しが、”你听”となっているので、この語順となりますが、次のような文でも同じ意味となります。

你中文广播听得懂吗?
你听得懂中文广播吗?

(9)解説編

(9)あなたはいつ日本に来たのですか。
你[ ][*][ ][ ]的?

① 什么时候
② 来
③ 日本
④ 是

【正解】① 什么时候
你是什么时候来日本的?

nǐ shì shénme shíhòu lái rìběn de?

”是…的”:既に発生した事柄について、その事柄に対する時間・場所・方式・手段・原因などを強調するときに使う

(10)解説編

(10)わたしは1日に英語を2時間勉強します。
我[ ][ ][*][ ]。

① 英文
② 学
③ 两个小时
④ 一天

【正解】③ 两个小时
我一天学两个小时英文。

wǒ yītiān xué liǎng gè xiǎoshí yīngwén.

「一定時間(期間)内にある動作をある時間持続して行う」という時間、つまり、一定時間(期間)を表す語句(ここでは”一天”)は動詞の前に置く。

動詞の目的語とと動作の持続時間を表す語句(数量補語、ここでは”两个小时”)は共に動詞の後ろに置く。

ただし、目的語が一般名詞(ここでは”英文”)のときは、
「動詞+持続時間+目的語」の語順となる。
さらに、目的語が代詞(例えば、”他”)のときは、
「動詞+目的語+持続時間(例:”教他两个小时”)」の語順となる。

【数量補語】中国語文法講座!「目的語と数量補語」の語順3パターンをまとめて解説!【数量補語】中国語文法講座!「目的語と数量補語」の語順3パターンをまとめて解説! 中国語の語順整序問題や作文で...
ABOUT ME
minhe
30代後半の2008年、1週間の一人旅で初めて台湾へ行く。会う人みんな親切、かつ、この年に北京オリンピックがあったこともあり、中国語を勉強することを決意。仕事で使う機会なし、あくまでも趣味。2010年に中国語検定3級合格。その後、台湾の友人もたくさんできてSNSで交流しながら、あまり勉強せず。2018年くらいから、中国語学習を再開。2019年にHSK5級に合格。今後は、HSK6級と中国語検定2級を目指して、中国語ブログを通して中国語勉強関連のニュースを発信します。
中国語検定3級の過去問解説一覧!


中国語検定3級の過去問を徹底解説!
中国語検定受験者は過去問をチェックして得点力アップ!
随時更新中です!

中検3級の過去問解説一覧