その他

体験談!【オンライン中国語コーチングCiiitz(シーズ)】口コミを探している人向け!

オンライン中国語コーチングCiiitz(シーズ)とは?

コーチングという言葉にどんな印象を持ちますか?

テレビCMで、有名人がポッコリお腹の体型をリズミカルな音楽とともに激変させ「結果にコミットする!」というダイエットのRIZAP(ライザップ)が思い浮かびます。

あのCMをみると、やるべきこと(運動や食事制限)は分かっているのに、長く続かなくて挫折するんだよなぁ…と思う人も多いはず。

しかし、コーチングを受けて確実に成果を出している人がいるのです。それならば、中国語学習でも同じサービスがあるはずと思い調べたら‥‥。

やはり、ありました!

ここでは、中国語コーチングを受けてみた個人的な感想を通して、コーチングを受けるメリット・デメリット、さらにはオススメしたい・オススメしない人をまとめていきます。

まずは実際のコーチングをされる方の一人がYOUTUBEを配信を始めたので、こちらを見てみましょう。

この記事は次の項目に一つでも当てはまる人にオススメです。

・中国語を本気で勉強しようと思うけど何から始めたらよいかわからない。

・仕事で中国に赴任することになったため、急いで中国語の勉強を始めたい。

・中国語の勉強を長年しているけど、なかなか成果があがらない

・ダイエットしたことがあるけど継続できない性格で中国語勉強している。

コーチングとは?

コーチングとは、

・自分の未来を変える手伝いをしてくれる人!
・自身に寄り添い、分析する時間ややり方を考える時間を肩代わりしてくれる存在!

と個人的に思ったので、中国語コーチングに少しでも興味がある方に役に立ったら良いと考え執筆しています。

ところで、週1回60分などのオンライン家庭教師で中国語の会話練習をしている方もいるのではないでしょうか?

中国語が話せるようになりましたか?オンライン会話で成果が上がっている感覚がないのではないですか?

 例えば、学生時代に部活をやっていた方は、おそらく毎日(週5~7日など)練習をやっていたはず。週1回のトレーニングで実力がつくはずがないですよね。学生時代はほぼ毎日練習していたのに、大人になると、仕事が忙しいなどの理由を「いいわけ」にして、週1回のオンライン会話でなぜか満足している人が多いですよね。

コーチングはオンライン会話などと比較して費用も高いので、長期間続ける必要はありません。(もちろん個人的意見です。)
それは、短期間のコーチングを受講し、終了後は自分自身でできるようにしてくれるからです。

オンラインだから教室に通う時間を確保する必要がなく、自分自身の生活スタイルに合わせて組み込めるのもメリット。

コーチングとは、受講期間中だけでなく受講終了後も役立つものです。

オンライン中国語コーチングCiiitz(シーズ)とは

Ciiitzの特徴

Ciiitzの特徴はホームページで次のように紹介されています。

Ciiitzの特徴
・講師が優秀
・中国語未経験でもOK
・学習ツールが優秀
・科学的に証明されている学習法を採用

 
これらの点について、受講してみた個人的な感想をそれぞれ付け加えておきます。

・講師が優秀

 全員が日本人なのですが、留学経験があり中国語の学習を通して苦労されたことがある方ばかりです。私のコーチは台湾と日本のハーフの方で、アメリカにも留学したことがあり、留学中に男子ソフトボールのコーチをして全国大会の優勝まで導き、最優秀コーチ賞を受賞したとのこと。コーチングってこういう実績のある方に指導受けたいですね。

・中国語未経験でもOK

 個人的にはすでに中国語を勉強していて未経験ではないのですが、実際に受講される方の半数以上は未経験者だそうです。会社で費用負担してくれるところなら、オンライン会話ではなくて、絶対にコーチングにしてほしいですね。

・学習ツールが優秀

dingtalkというスマートフォンでもパソコンでも使えるアプリ(ソフト)を利用してやり取りできます。dingtalkは、LINEのようにチャットできたり、資料の共有や、動画の共有などもできます。無料で使用できるのが良いですね。
さらにc-noteという独自のシートを使って、スマホ等から勉強内容・時間を記載報告し、アドバイスしてくれる点がすごく役立ちます。

DingTalk

DingTalk
無料
posted withアプリーチ

・科学的に証明されている学習法を採用

第二言語習得論(SLA)と認知心理学に基づくインターリーブ学習法を導入しています。インターリーブ学習法とは、わかりやすく説明すると、変化を取り入れた学習法のこと。要するに、単調な勉強を強要されるわけでなく、むしろ受講者の性格や好き・嫌いも考えて勉強プランを一緒に考えてくれるのが良いです。

Ciiitzの受講料金

Ciiitzが新サービス改訂に伴い、料金などを含めたコース内容が大幅に変わっています。私が受講したときとは異なるのでホームページを確認して詳細をまとめてみました。(2021年10月時点)

なお、以下は個人向けサービスの金額です。法人で契約する場合は、もう少し安く受けられるので会社が契約してくれると嬉しいですね。

レベル別の設置コース

 

コース初級入門コース
レベル経験ゼロ~HSK2級レベル
セッション数60分×週1(計12コマ)
期間3ヶ月
入会金0円
受講料396,000円(税込)
コース中級コース
レベルHSK3級 – HSK4級レベルの方
セッション数60分×週1(計12コマ)
期間3ヶ月
入会金0円
受講料396,000円(税込)
コース上級コース
レベルHSK5級以上レベルの方
セッション数60分×週1(計4コマ〜)
期間1ヶ月~
入会金0円
受講料165,000円(税込)

※なんど上級コースには、これ以外にも『完全成果報酬型コース』があり、目標未達のときは費用が0円!



コーチングスクールを選ぶときの注意点
子どもを塾に通わせて、通い始めてから夏期講習や冬期講習、テキスト費などで、何度も追加料金を払っている方は要注意です!入会時にかかる費用ではなく、卒業までにかかる費用を確認しましょう!

Ciiitzは、2021年7月からコースも簡略化されて全コース一律の金額になっているので、費用が分かりやすくて安心です。

他のサービスと比較してみた

サービス名費用特徴
中国語コーチングCiiitz264,000円/税込(2~3ヵ月)コーチングのプロが指導
オンライン中国語CCレッスン25分で600~1,000円の会話レッスン中国在住の講師多数
笠島式ビジネス中国語コーチング未開示(無料体験後に開示)コースは4ヵ月と6ヶ月の2コースあり
中国語コーチングPao Chai217,000円~437,00円(2~3ヵ月)(税込換算)入会金 55,000円(税込換算)
フルーエント中国語学院415,800円(1年間コース)(税込)セミナー参加すると割引価格が提示
PRESENCE (プレゼンス)200,000円(2ヵ月)(税込)教材代別

個人的に決して安価なサービスとは思いません。ただし、中国語を本気で身につけたいという方にはぜひオススメしたいサービスです。



コーチングの実際の流れ・様子を赤裸々に語る!?

無料体験カウンセリングの体験談

当日は、ZOOMで無料体験するということで、パソコンの前に座って開始30分前から緊張していました。
(※ZOOM自体は、メールで送られてきたURLをクリックするだけでテレビ会議に参加できるシステムです。パソコンを使った方が便利ですが、スマートフォンでも利用できます。URLをクリックするだけで参加できるので、初めての方でも簡単です。)

会社でZOOMは頻繁に使っているのですが、仕事以外で使うことがなかったので、妙にソワソワしてしまいました。

ZOOMのURLをクリックすると「開始までしばらくお待ちください。」が表示されました。この文言を眺めながら、お地蔵さんのように固まっている自分がいました。

しばらくして動画がつながると、ZOOMの左下に出てくる「マイク」「カメラ」をクリックして、こちらの音声が相手に伝わるように、そして、こちらの顔が相手に見えるようにします。

相手の声が聞こえてきて、こちらも「えっーと、聞こえますか?音声聞こえますか?」と緊張しながら挨拶しました。

すぐにパワーポイントの画面を共有されたので、互いの顔が映っている画面が小さく右上に出るくらいの大きさとなり、この時点で少しホッとしました。自分の顔が大きく映っているのも少し恥ずかしいですね。画面上には「マイクをオンにしておいてください」などの注意事項がいくつか書かれていて注意事項を軽く確認しました。

「録画させていただいてもよいですか?」と言われて、こちらも問題はないので、「構いませんよ」と答えて録画していただきました。

どうしても嫌な人は断っても良いと思います。

すぐにお互いの自己紹介ということで、まずはコーチの方から自己紹介していただきました。
自己紹介の内容は、

・名前/ニックネーム
・出身地
・職業
・中国語学習歴および滞在
・中国語保有資格
など

このCiiitzが沖縄にある会社なので、コーチの方も沖縄の方でした。
中国語指導ではなく、学習のコーチングではありますが、コーチの方は当然中国語はペラペラです。

コーチの方の自己紹介の後は、こちら側の自己紹介を緊張しながらなんとか終えて、こちらの中国語レベルを把握していただけたはず。中国語試験(中国語検定やHSK)などの受験履歴があればレベルを把握していただきやすいですし、受験歴がなくても、学習して数ヶ月目ですなどの表現で十分伝わると思います。

そのあとは、パワーポイントを使いながら、Ciiitzの会社説明や特徴を紹介してくれました。

特に、中国語教室の『ティーチング』とCiiitzの『コーチング』の違いを詳しく説明してくれました。

やはり、『ティーチング』との違いを理解することが第一歩ですね。

コーチと一緒にバディを組んで、コーチが主導権を握るのではなく、二人三脚で「気づきによる自発的行動」を目指すようにしてくれるという話を聞きました。

無料体験は60分間なので、ここで入会前に、きちんと理念や方針を理解して検討することができます。

無理な勧誘とかされたらどうしようという心配を少なからず持っていたのですが、全くなかったので拍子抜けしました。やはり無料なので、興味のある方は、自分で体験するのが一番ですね。

さらに、チャット、ビデオ通話、ドキュメントの共有、データのやり取りを”dintalk”というアプリを使ってやり取りすることを画面を見ながら説明していただきました。

原則的に中国語を教える・解説するのではなく、自分で答えを調べる方法などを教えてくれて、それでも答えが見つからない場合は教えることもあるとのこと。
皆さんコーチングのプロなので、中国語で分からないことがあった場合に、「生徒自身がどんなツールをつかって、どんなふうに調べたら答えが見つけられるか」をまずは伝えることを優先しているということを伺いました。

やはり、スカイプなどで中国ネイティブの方と会話練習したりする『ティーチング』の『会話練習』とは異なるので、興味が少しでもある方は体験してみることをオススメします。

無料なので、体験しない理由がありません。現時点での中国語レベルに満足していない人は無料カウンセリングだけでもぜひ受けてみてください。



第1回のカウンセリングの体験談


※こちらのシートは、私個人のものではなく、Ciiitzさんにお願いしてサンプルをいただきました。このシートで勉強の内容を報告します。

今回は、第1回。今回からDingTalkを使うのですが、ZOOMのときと同じくパソコンの前に座って開始を待ちました。前回無料体験を受けているのに、そのときとコーチが違うこともわかっていたので、やはり緊張…。

前回と同じくコーチが画面に映ると、コーチの方が、まずは自己紹介しますねということで、さっそく開始!

赤嶺コーチという女性の方でした。Ciiitzは中国語ネイティブのコーチではなく、全員日本人コーチであることも安心材料ですね。

台湾と日本のハーフの方で、沖縄出身の方でした。台湾語は話せたけど、中国語(北京語)は話せなかったということで留学して中国語を勉強したとのこと。在学中にアメリカにも留学し、男子ソフトボールのコーチをして全国大会の優勝まで導き、最優秀コーチ賞を受賞したとう凄い経歴の持ち主です。

ここまで聞いた段階で、コーチのプロだ!このコーチスゴイな!と思いました。

職歴とか性格的なことも話してくれて、まずはリラックスする雰囲気を作ってくれました。


※こちらは実際のZOOMの画面です。私個人の顔出しは恥ずかしいのでキャラクターにしています。

そのあと、自分の自己紹介をしてください…と予想通りの展開に…。

やはり生徒側も最初は緊張しますよね。コーチと同じように自己紹介できないことも事前に考えてくれていて、「子供の頃はどんな子だった?」とか「仕事は楽しい?」などのいろんな質問事項が書かれたパワーポイントを準備してくれていました。もしも自己紹介がやりにくかったら、この中から一つだけ選んで話してください・・と、なるべくスムーズに話が進むようにしてくれました。

コーチが台湾のことを良く知っている感じだったので、私も台湾は好きで、台湾人の友達に「エビ釣り」に連れて行ってもらったことなどを話しました。

こんな自己紹介をしながら、知らず知らずにリラックスができていました。

自己紹介が終了すると、パワーポイントを使っての説明が続きました。

まずは、「コーチング」をきちんと理解することが第一歩なので、根本的な考え方を丁寧に説明してくれました。
(無料体験でも話してくれますが、最初はこの点がやはり重要ですね)

塾やオンライン会話などを含めた「ティーチング」とは異なり、先生がいないと目標達成できないのは意味がないという考え方を説明してくれました。

《個人的に考える『コーチング』と『ティーチング』の時間共有の違い》

オンライン中国語会話などで、かなり安価なサービスが多い中、なぜこのサービスを受けてみたのか。個人的には次の学習時間のイメージを自分自身で持てたからです。

コーチ(Ciiitz)やティーチャー(オンライン会話)が把握してアドバイスしてくれる時間が、次の青色の時間の違いです。

1週間で換算すると、
オンライン中国語会話のサービスは上記の右図。つまり、1週間に1回60分だけの会話練習のみ。

それに対して、
中国語コーチングCiiitzは上記の左図。つまり、自身が勉強した内容や時間を報告することで、勉強していない時間の隙間時間をコーチが理解し、それを無理せずに使えるかどうかもアドバイスしてくれる。

つまり、「オンライン中国語会話」はオンラインの1時間のみを見てくれる。しかし、「中国語コーチング」は、こちらの勉強時間・内容を報告することで丸一日全体を把握してくれる。この見てくれる時間の違いが大きいですね。dingtalkというアプリでいつでもチャットで質問できるのが便利です。勉強もこれで報告!

第1回のカウンセリングでは、私の中国語レベルが以前受験したHSK5級で6割強。まずは一つ目の目標として8割を目指したいということを伝えました。「そのために今足りないものは何ですか?」と質問されました。

個人的に「単語量が圧倒的に足りない」というと、「すでに答えは自身の中にあるんですよね」と言いつつ、「HSK5級は約2500単語必要なので、6割得点できているとなると、2500×0.6==1500語はマスターできているという単純計算ができます。すると、残りの1000単語を覚えないといけないですよね。これをもしも1ヵ月(≒約30日)で覚えるとなると、1日あたり1000÷30=…。ただし、休みとか、反復を考えて…といった感じで、論理的に勉強量を一緒に考えてくれました。

もちろん、学習者が1ヵ月でやりたいのか、3ヵ月でやりたいのかを考えてメニューを一緒に考えてくれるので、本当に各人の生活スタイルあわせて、計画してくれる点が良いです。こういうのって、きちんとできる人もいますが、苦手な人にとっては自分の弱点を整理してくれて、論理的に「やるべきこと」を数値化してくれるのはホントに助かります。

また、「参考書を読むのが苦痛ならやらなくてよくてもよいですよ」と言ってくれたり、「中国語でドラマ等を見るのは苦ではないんですよ」と言うと、それを題材として勉強のネタを一緒に考えてくれて、個人個人に合わせて勉強する題材を一緒に考えてくれるって、こういうことなんだ…と妙に納得しました。

無理せずに中国語に触れる時間を増やし、中国語力の伸びを感じられそうと思えること自体が自身の勉強にピッタリ!

自分自身の中では「ティーチング」と「コーチング」の違いは、受講することで以下のような認識になりました。

コース時間内容
スポーツジム
オンライン中国語会話に相当
60分/週11時間だけ体を動かす。ジムに通っていないときにお菓子を大量に食べていたらジムに通っている意味がないのでは?これは中国語学習でも同じ。1時間会話することよりも、それ以外の時間にどれだけ予習・復習しているかが重要。
ライザップのコーチングCiiitzの中国語コーチングに相当60分/週12カ月間の生活スタイルを随時報告。食べたものも報告。週1回顔を合わせたときだけ頑張っても意味がなくて、普段の生活スタイルを修正し、コーチがいなくても自身で制御できるようになることが大切。その手助けを数ヶ月だけしてくれるのがコーチ。数か月後に卒業した後は、自身ですべてできるようになることが目標。CMで流れているライザップも、中国語コーチングのciiitzも、このコーチングスキルの高さで生徒を成功に導く。

個人的な経験談が誰かの役に立てばと思い書いていますが、やはり無料で実際にカウンセリングを受けてみるのが一番良いです



コーチングのデメリット

デメリットは

・料金が高い
・中国語そのものを指導してくれるわけでなない

個人的に決して安価なサービスとは思いません。中国語を本気で身につけたいという方におススメしたいサービスです。仕事で中国に赴任するため会社が費用を負担してくれる人の場合は、費用に関する問題はクリアするので、オンライン会話よりもコーチングを絶対オススメします。

また、中国語そのものを指導するわけでないですが、コーチは中国語ネイティブレベルなので分からない点を教えてくれることもあります。ただし、基本的には自身で解決する方法をまずは教えてくれます。少なくとも、本やYOUTUBE等でさまざまな情報が得られる時代なので、自分でも勉強できる環境は作れます。ただし、その情報の使い方・探し方をアドバイスしてくれるコーチングは、自分で勉強を継続していくことを考えたらデメリットではなくなりますね。

中国語の学習情報って、英語などと比較するとやはり圧倒的に少ないので、いろんなことを教えてくれて助かります。個人的に中国語関連のブログを書いていますが、やはり留学経験があり、ネイティブレベルまで話せるように勉強されたコーチの方は、情報量が圧倒的にスゴイです!この情報をたくさん聞きだしたい…とひそかに考えながら、1時間があっという間に過ぎていしまいました。

《Ciiitzをオススメする方!》
・中国語を本気で身につけたい人
・仕事で中国語が急遽必要になり、会社が費用負担してくれる人
 (オンライン会話よりもコーチングを受講することをオススメします)
・ダラダラ中国語勉強していて、結果が出ないままズルズルと時間を費やしている人

私の体験談が参考になれば幸いです。受講するか受講しないかは本人次第ですが、無料カウンセリングを60分受講するだけでもかなりお得です。
おそらく、中国語を本気で勉強しようと思っているけど、どうしたらよいか分からない人は、ちょっとしたヒントが得られるかもしれません。

無料ほど怖いものはないとも言われますが、無料なのに一歩を踏み出さずにいたら、おそらく今後も状況は変わらないでしょう。

ダイエットするぞと思いつつ、何もしない状況が続いてる性格の方は、まずは無料講座の受講をオススメしますよ!
(考えることよりも行動が大切ですね)



ABOUT ME
minhe
30代後半の2008年、1週間の一人旅で初めて台湾へ行く。会う人みんな親切、かつ、この年に北京オリンピックがあったこともあり、中国語を勉強することを決意。仕事で使う機会なし、あくまでも趣味。2010年に中国語検定3級合格。その後、台湾の友人もたくさんできてSNSで交流しながら、あまり勉強せず。2018年くらいから、中国語学習を再開。2019年にHSK5級に合格。今後は、HSK6級と中国語検定2級を目指して、中国語ブログを通して中国語勉強関連のニュースを発信します。