SNS

【映画で中国語学習】バック・トゥ・ザ・フューチャー《回到未來4?》30年後のテレビ放送!

【映画で中国語学習】バック・トゥ・ザ・フューチャー《回到未來4?》30年後のテレビ放送!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とは

”ET”や”ジョーズ”など大ヒット映画を作り続けた名監督のスティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務め、ロバート・ゼメキス氏が監督した、タイムマシン物語の金字塔でもある映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ

第一作が1985年に公開され、続編のPart2が1989年、完結編となるPart3が1990年にそれぞれ公開されました。

30年以上経った今現在でも、老若男女問わず、たくさんの人々を魅了してきている不朽の名作!
タイムマシンに改造したデロリアンという車に乗って高校生マーティと科学者ドクが過去や未来へタイムスリップをしていくSF冒険アドベンチャー!

個人的に大好きな映画ということもあり、男性だけでなく女性にも、この機会に一度でいいから見てほしいという想いで記事を書いています。

ちなみに、中国語学習ブログということもあり、タイトルを中国語で書くと《回到未來》、つまり「未来に戻る」です。

原題をそのまま中国語に訳していますね。

《回到未來》の発音はこちらをご確認ください。

ところで、この映画を見るにあたり、何度も見たことがあっても気が付いていない部分が多々仕掛けられていることにより、多くのファンが長年何度も見る映画になっているのです。

今回は一つだけ紹介します!Part1のオープニング部分で見逃さずにチェックしてほしい部分!ぜひ、確認してほしい部分を紹介します。

以下のオープニング映像をご覧ください。

何度も見たことがある方は、知っている人もいるかもしれませんね。

以下の部分です。

上記の写真の目覚まし時計の針に「人形」がぶら下がっていますね!

たくさんの「目覚まし時計」が並べられていて、そこをカメラがゆっくり次々といろんな時計を映し出しています。

ここの時計の針に、最後の有名な場面のパロディが仕掛けられています。つまり、ドク博士の人形が時計の針にぶら下がっているのです。映画を見たことがある人なら、こんな場面があったのか!知らなかったという方もいると思います。

まだ、映画を見たことがない人は、オープニングでここをチェックして、映画を見てみてください。

実は、これ以外にもPart1~Part3まで、たくさんの仕掛けが散りばめられたハラハラドキドキの娯楽映画です!

“Back To The Future”

ぜひ、この3部作の地上波放送を見ながら、SNSでファンと一緒に楽しんでみてください!

もしかすると、タイムマシーンに乗って、違う未来にいくと、上記のようなPart4が作られていたのかもしれません。

30年後のイベントで再会した出演者

この映画の中で、エメット・ブラウン博士(ドク) が「30年後にまた会おう」というセリフがあります。

このセリフを現実に実現したイベントがアメリカで行われました。

30年後のアメリカのボストンで開催されたファンエキスポイベントのときの様子を出演者がインスタグラムに投稿しています。

「マーティ・マクフライ」のInstagram:

上記の写真に写っているのは、向かって左から、
・マイケルJ.フォックス(マーティ)、
・トーマス・F・ウィルソン(いじめっ子のビフ)
・クリストファーロイド(ドクターブラウン)
・リー・トンプソン(マーティの母親ローレン)

彼らは一緒に集合写真を撮り、それぞれのInstagramアカウントに投稿しました。

映画の名言(中国語学習)

実際の生活で使えるかわかりませんが、少しだけセリフを使って、中国語学習をしてみます。

Doc, I thought I’d never see you again!

Nobody calls me chicken.

I didn’t want you to be worried about me.

Part3の最後の台詞!

「君の未来はまだ決まってないということ。誰のでもそうだ。未来は自分で切り開くものなんだよ。だから頑張るんだ。」/エメット・ブラウン博士(ドク)

この映画を見る子供たちに対しての、制作者からのメッセージです!

尚、この映画が当時から見た未来を描いてることで、その未来に実現されるであろう物を作っている人もたくさんいます。

これを見るだけでも、この映画が多くの人に影響を与えていることがわかりますね。

今晩から連続3週でバックトゥザフューチャーが地上波放送!

ぜひ見てください!

ABOUT ME
minhe
30代後半の2008年、1週間の一人旅で初めて台湾へ行く。会う人みんな親切、かつ、この年に北京オリンピックがあったこともあり、中国語を勉強することを決意。仕事で使う機会なし、あくまでも趣味。2010年に中国語検定3級合格。その後、台湾の友人もたくさんできてSNSで交流しながら、あまり勉強せず。2018年くらいから、中国語学習を再開。2019年にHSK5級に合格。今後は、HSK6級と中国語検定2級を目指して、中国語ブログを通して中国語勉強関連のニュースを発信します。
中国語検定4級の過去問解説一覧!


中国語検定4級の過去問を徹底解説!
中国語検定受験者は過去問をチェックして得点力アップ!
随時更新中です!

中検4級の過去問解説一覧